フランチャイズ加盟店募集

新産業×STEMの楽しさを日本中の子供たちへ。

ドローンという世界的に全く新しい産業と、STEM教育をかけ合わせたSTEMドローンプログラミングスクール「ステドロ」。この楽しさを日本中に広めてくださる加盟店を募集しております。

プログラミングが注目されている

2020年、いよいよ小学校でプログラミングが必修化となります。そして、つまり今、まさに話題の分野。子供向けのプログラミングスクールはこの5年間で、なんと6倍にも増えているそうです。さらに2023年には、現在の2倍にまで増えると予想されています。このホットな市場には、できるだけ早く参入したほうが良いのは言うまでもありません。

ドローン市場への期待が高まる

日本国内のドローン市場は、どのリサーチ会社の予測データを見ても右上がり。最近では、テレビ番組でも普通にドローンを使った映像が見られるようになりました。その他にも測量・農薬散布・インフラ点検などなど、あらゆる分野でのドローンの活用が進められております。StedROを運営する株式会社ダイヤサービスは、ドローンのサービス企業。ドローンに関するノウハウを多数持ち合わせています。

ドローンを付加することでプラスαの材料に。

日本では、STEMと言っても実際にはプログラミングばかりがフォーカスされてきました。そして、これまでのプログラミング教室では、そのほとんどがPCを使ったビジュアルプログラミングのみに限られていました。

StedROは、ドローンを切り口としたSTEM教育スクール。ドローンを使ったプログラミングを始め、ドローンの操縦や知識の習得、実際の組み立てなども行っていただくスクールです。ドローンという切り口から入り込むことで、プログラミング以外のSTEMへの対応が容易に可能となりました。

安価な加盟金でスタート可能

加盟金:30万円+開業セット:50万円=合計80万円(税込)で最先端の事業に着手できます。

必要資機材も教材も導入教育も初期費用にセット。

スクールで使用するドローンやノートPC、各種ソフトウェア、教材、そして導入教育までがすべて初期費用に含まれています。ドローンもプログラミングもよく分からないという方々に、優しく丁寧に対応いたします。このため、お手軽にビジネスを開始することが可能です。

加盟金の内訳

  • 加盟契約手数料:20万円
  • エリア(商圏)取得金:10万円

開業セットの内訳

  • ドローン4機(RYZE Tello EDU,予備バッテリー,プロペラガード,バッテリーチャージャー,ケース):10万円
  • 初期設定、各種ソフトウェアのインストール・初期設定:5万円
  • 導入教育(2日間):18万円
  • スクール使用教材:15万円(全4種類10冊ずつ)
  • ユニフォーム2人分:2万円

その他に必要なもの

  • 物件取得費用
  • 看板・内装費
  • タブレット端末、ノートPC
  • 什器・備品 など

ドローン×Scratchの教科書

ドローン×Scratchの指導要領書

ドローン×タブレットアプリ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。