活動日記

プログラミング初心者・未経験者のためのお子様向け機器セットをご紹介

これから子供にプログラミングを学習させたいけど、一体どんなものを購入すればよいの?というお悩みをよく伺います。

基本的にステドロでは、キーボードが打てるようになって欲しいとの思いからパソコンによる操作を推奨していますが、パソコンは決して安いものではないですし、果たしてお子様が継続して学習を続けてくれるかどうかも分からないので、できるだけ費用を押さえたいというお声をよく頂戴しております。

そこで本日は、ステドロが普段教室で使用している組合せのうちの1パターン(11インチタブレット+ワイヤレスキーボード+ワイヤレスマウス)をご紹介したいと思います。全部揃えた際の金額ですが、タブレット:¥22,900+液晶保護シート:¥1,650+ワイヤレスキーボード:¥3,351+ワイヤレスマウス:¥1,215=¥29,116となります。

▷タブレット

特にScratchを行う場合は、11インチ以上をオススメしています。10インチですと、Scratchの画面の一部が僅かではありますが見切れてしまうため、違和感があります。慣れてしまえばどうってこと無いのですが、その違和感が理由で嫌になってしまうお子様もいるようですので、11インチ以上でご検討いただければと思います。

ステドロの教室では現在、TELCASTのM16というタブレットを使用しています(Scratch3.0を一画面にきれいに収めて表示するには、スクリーンの表示サイズの設定変更が必要です)。

ディスプレイ 11.6インチ、解像度1920 x 1080 pxのIPS液晶
※10点マルチタッチ /16:9
プロセッサ MediaTek Helio X27 MT6797X Deca Core
※64-Bits / up to 2.6 GHz / A72 / 20nm / 低電力消費
GPU Mali-T880 MP4 875MHz
RAM(メモリ) 4GB LPDDR3
ストレージ 128GB eMMC
外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
バッテリー 7500mAh
背面カメラ 800万画素
前面カメラ 200万画素
ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0、GPS
インターフェース USB Type-C x 1 、microHDMI x 1、microSDカードスロット x 1、SIMスロット x 1、ドッキングポート x 1、2.5mm DCポート x 1、3.5mmイヤホンジャック x 1
センサー G-sensor
OS Android 8.0
サイズ 277×174×8 mm
重量 727g
カラー ブラック
SIMカード Nano SIM
対応バンド
4G FDD-LTE:B1/B2/B3/B5/B8/B20 TD-LTE:B38/B39/B40/B41
3G WCDMA:B1/B2/B5/B8TD-SCDMA:B34/B39
2G GSM:B2/B3/B5?B8 CDMA800:BC0

▷液晶保護シート

お守り代わりとして。

▷キーボード

タブレットでのタップ操作でも悪くはないのですが、今後のことを考えますと、できればキーボードが打てるようになっていて欲しいとステドロでは考えています。上記タブレットに合うきーボードとして、こちらをオススメしています。

▷マウス

スクリーンタッチですと、Scratch等のブロックを動かす際、どうしても指の太さが理由でうまくタップができないことがあります。マウスがあったほうが細かい操作がしやすいです。このためステドロでは、タブレットでも使えるワイヤレスのこちらのマウスをオススメしています。

なお、ステドロにて購入をいただきますと、初期の動作確認や私たちのオンラインプログラミング教室を受講する際に必要なセットアップ(追加費用:¥5,000が発生します)を行ってからお渡しをいたします。ご心配な方はステドロにお任せください。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。