活動日記

パソコンとタブレット、どっちがよいの?

ノートパソコンVSタブレット

保護者の方々からよく受ける相談の1つが「パソコンかタブレットを買い与えたいのだけど、どちらがよいのか?」というもの。

なかなか難しい質問なのですが、ステドロでは、

  • 小学1〜2年:タブレット
  • 小学3年生以上:パソコン

をオススメするようにしています。タブレットの方が直感的に操作可能ですし、キーボードを打つ必要がありませんので、やはり低学年の子にはタブレットをオススメしています。

一方で、3年生以上の子につきましては、できるだけパソコンを推奨するようにしています。この理由なのですが、高校生や大学生、そして社会人になった時に必ずパソコンを使用する機会が出てくるから、です。つまり、その時に備えて今のうちから慣れておきましょう、ということをステドロでは推奨しています。

特に最近目立つニュースが、新人社会人に対してパソコンの使い方を新人教育研修の中に取り込まざるを得なくなっている、というもの。会社勤めになれば、当たり前のようにパソコンを使用します。ところが、実際には使えない、使いこなせない新人が多いそうです。(確かに当社にも、別部門でブラインドタッチができない若者がおりました。)プログラムという枠に囚われず、少しでも早いうちからパソコンに慣れておいてもらえると嬉しいな、という思いで推奨している次第です。

もちろん、絶対にパソコンじゃなければダメ、ということではありません。継続して学ぶかどうか分からない、予算に限りがある、等、様々な外部要因が絡んでくると思います。あらゆる角度から勘案して、最終的な判断をしてもらえればと思います。

次回は、ステドロでオススメするパソコン・タブレットを紹介したいと思います。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。